阪急西宮北口 北側出口から徒歩1分の眼科 中内眼科クリニックは、土曜日の午後も診療しています。

中内眼科クリニック

お問い合わせ TEL:0798-65-5708

診療案内

麦粒腫・霰粒腫

麦粒腫

霰粒腫・麦粒腫1一般に「ものもらい」「めばちこ」と言われるまぶたの腫れ。季節の変わり目に多い。

原因は、瞼のあるマイボーム腺という脂腺がつまって中のタンクが腫れて起こります。他にも毛嚢の脂腺がつまって起こることもあります。炎症が、感染を伴っていると、麦粒腫と呼ばれます。

 

自壊(自然に中身が破れて出る)すれば、経過観察で良いですが、腫れて痛むときは、抗生物質内服と点眼・眼軟膏処方などで様子をみます。

霰粒腫・麦粒腫2ただし、針で中味を出したほうが早く治る時期もあります。また、切開したほうが良い大きさ、自壊しても肉芽が残っている場合は切除術を行うことがあります。

簡単な手術で10-15分程度です。局所麻酔を打って処置します。即日対応します。

 

霰粒腫

霰粒腫・麦粒腫3さらに、以前に霰粒腫があったが、治りが悪く、半年ほど経過しても瞼縁(まぶたのふちのライン)が気になる、などの方は是非受診ください。

これを治療するには、形成外科的な細かい手技が必要ですので、手術室でしっかりとした手術を行います。診察の結果、裏側か表側かどちらから切るか判断して、手術の日にちを予約して決めます。

まぶたの病気

ページの先頭へ戻る