阪急西宮北口 北側出口から徒歩1分の眼科 中内眼科クリニックは、土曜日の午後も診療しています。

中内眼科クリニック

お問い合わせ TEL:0798-65-5708

診療案内

眼瞼下垂・皮膚弛緩

この二つは合併していることもあり、見かけだけでは判別しにくい病気です。私は、この分野の治療を専門的に行っており、神戸新聞にも特集されたことがあります。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は主に加齢が原因で、まぶたを挙げる筋肉がゆるんで起こります。(ハードコンタクトレンズ長期装用者にも多い)眼瞼下垂にも軽傷~重症があり、まぶたが瞳孔のどの位置まで下がっているかで判断します。

角膜に2,3mm上眼瞼がかかるのは正常です。特に決まりはありませんが、当医院では瞳孔領にかかってきた方を対象に治療を行っています。

どこから眼瞼下垂?

軽傷のものは、手術をしなくてよいものもあります。というのは、眼瞼下垂の手術は、まぶたの筋肉を触る手術なので、術後は瞼が開きやすく=若干閉じにくくなるからです。

逆に、中等度~重症のものは手術をすると大変喜ばれます。視野が広くなった、眼が開けやすくなった、だるい痛みがなくなったなど。

肩こりが改善するのは、瞼が下がっていると、おでこの筋肉(前頭筋)を使って、眼を開けようとする→前頭筋は頭頂筋にもつながる→頸の筋肉にもつながっているので、この作用が無くなるからだと考えています。

他の不定愁訴が改善するかどうかは個人差があると思います。また見かけが若返るという嬉しさがある反面、男性の場合は少し可愛らしくなってしまうこともあります。

眼瞼下垂手術に必要なデータ

眼瞼下垂手術に必要なデータこの女性の場合、瞼裂高:12mm、MRD: 6mm、挙筋能:13mmとなります。(正常値)

眼瞼下垂の手術例

(1)軽傷で、二重瞼が片方だけの方
症例1:軽度下垂このような方には、二重を作る手術である、瞼板上―皮膚通糸法が向いています。
(2)軽傷~中等症
症例2:軽傷~中等度眼瞼挙筋の力が強いが、瞼板前組織が緩んできたような方には、ミュラー筋タッキングが向いています。再発することがあるので、最近はあまり行っていません。
(3)中等症~重症
症例3:中等度~重症このくらいの症状で手術される方が多いです。挙筋腱膜前転を行います。
(4)重症
ゴアテックス吊り上げ術挙筋の動きがほとんどない方(先天性下垂を含む)は、吊り上げ術と言って、ゴアテックスシートを皮下に埋め込んで、眉毛拳上の力で開瞼ができるようにします。

皮膚弛緩(皮膚下垂)

次に皮膚弛緩(皮膚下垂)と言われるものですが、ほとんどが加齢によるものです。アジア人に多い一重瞼の人が高齢化すると、瞼の皮膚が瞳孔近くまで垂れてきて見えにくいというのが典型的なパターンです。そこまでひどくなくても、物を読んだりするときに、ちょっと皮膚をつまんだほうが見えやすいという方は、手術適応になることが多いです。

まぶたの腫れぼったさと、どの部分の皮膚が余っているかによって、眉毛下で取るか、瞼縁で取るかを決めます。重症の人は時期をずらせて両方しないといけないこともあります。

顔面神経麻痺がからんでいる方は、眉毛上で取ることもあります。この手術に関しては、眼瞼挙筋を触らないので、追加手術なども行うことができます。まぶたの皮膚の厚みは、瞼縁、眉毛下、眉毛上でかなり違うので、通常は瞼縁切開が行われていることが多いです。

皮膚弛緩の手術例

症例(1)
皮膚弛緩の手術例1皮膚弛緩の手術後には、眉毛下垂がおこることがある。瞼縁で取って、しばらくはぱっちりとした二重であったが、3か月後には奥二重になってしまった。(眉毛と瞼縁との距離に注目!)下がる量は予測できないので、一回目の手術時に、追加切除の可能性を話しておく必要がある。
症例(2)
眉毛下皮膚切除の症例:男性 若い時より瞼が重いと来院、MRDもしっかりと出ており、下垂ではないと説明したが、目尻の皮膚をつまみ、ここを取ってほしいと希望した。術前よりもすっきりした瞼になった。外側の皮膚弛緩は眉毛下の良い適応。
まぶたの病気

ページの先頭へ戻る