阪急西宮北口 北側出口から徒歩1分の眼科 中内眼科クリニックは、土曜日の午後も診療しています。

中内眼科クリニック

お問い合わせ TEL:0798-65-5708

診療案内

目の周りのイボ・ホクロ

眼に近い部分にできた「できもの」の処置は、他科では敬遠されていることが多いです。眼の表面のことを良くわかっている眼科医が担当すべきところだと思っています。

イボは医学的には疣贅(ゆうぜい)、ホクロは黒子(こくし)あるいは母斑(ぼはん)と呼ばれています。老人性疣贅は、加齢変化でできたイボのことで、主にパピローマウイルスが原因で、まぶたの柔らかい皮膚などに多発します。

ホクロに似ているが、少し形が崩れているものに、脂漏性角化症があります。ホクロは、母斑細胞が集まってできたもので、メラニン含有が多いので、黒く見えます。メラニンをあまり含まない母斑の場合、色が薄くなります。イボもホクロも良性腫瘍(腫瘤)ですが、中には良く似た見かけで悪性のものが混じっているので、切除したあとに、病理検査に出すことが大切です。

最近形が変わってきた、大きくなってきたので取りたい、癌でないかと心配だ、などなんでもご相談ください。取らなくてもいいものもありますので、安心してお越し下さい。

どのように切れば、きれいに治るかは、腫瘤の大きさ、場所によって違います。できるだけ目立たないように治るように提案します。体質によっては、抗アレルギー剤であるリザベンを術後に内服していただくこともあります。

まぶたの病気

ページの先頭へ戻る