阪急西宮北口 北側出口から徒歩1分の眼科 中内眼科クリニックは、土曜日の午後も診療しています。

中内眼科クリニック

お問い合わせ TEL:0798-65-5708

医師紹介

院長あいさつ

平成28年4月に西宮北口に開業いたしました中内一揚(なかうちかずあき)と申します。
平成8年に神戸大学医学部を卒業後、大阪大学医学部眼科に入局し、以来20年間、眼科修行に明け暮れていました。

その中でも、最も胸を張って専門と言えるのが、外眼部の形成分野です。
眼科でも、まぶたの病気を専門に診れる医院は多くはありません。眼科の一分野として必ず置かれている眼形成(Oculoplastic)をシンガポールで学び、それを兵庫医大で拡げてきました。
私は、眼形成分野の専門の眼科医です。

当院では、まぶたの病気に対する日帰り手術が可能な手術室を用意しました。兵庫医大で作り上げた眼形成外来のノウハウをいまここにお見せすることができると思っています。
なお、当院は兵庫医大を後送病院としておりますので、重症の場合は最適の医師に紹介させていただくことが可能です。地域の窓口病院として、またかかりつけ医として、どうぞご愛顧ください。

当院が皆様に提供できること

長年いろいろな組織で働いてきたメリットとは?それは知識・技術の習得だけではありません。私の場合、神戸大、大阪大、兵庫医大をはじめとして、眼科・形成外科にまたがり知り合いのドクターが多いのが特徴です。
必要なときに、必要な先生に紹介させていただけること。これも医療の一面であって、人助けの基本になる部分です。

また、セカンドオピニオンでのご来院もお気軽にお越しください。自分がかかっている医院の診断が納得できないとき、それを不安に思うのは当然のことです。

別の角度から、もう一度検証してみれば、合っていれば先生との信頼が増しますし、そうでないときはアドバイスに耳を傾ければ、きっと満足のいく結果にたどりつくはずです。私は水先案内人(ナビゲーター)を努めることができれば幸せに思います。そのために大学レベルの医療を提供できるように準備しました。

治療の幅を広げたい

治せるはずなのに治そうとしないまま時がたって、そのままに。これは医療の世界ではときどき見かけることです。私はそのような方を一人でも減らしたいと思って医療を続けています。

兵庫医大で外来をして学んだことは、治せる病気の幅が広いということでした。もちろん治せない病気もありますが、治らないならば、何か他に出来ることはないかを見つけることも大事です。

当院では、少しでも多くの病気を見つけ、治すことができるように治療の幅を広げています。また、当院のレベルを超えると判断した場合は、しかるべき専門の先生に紹介をさせていただきますので、ご安心ください。
まだまだ若輩者ですが、精一杯努めますので、どうぞよろしくお願いします。

医師紹介

院長:中内 一揚
院長:中内 一揚院長:中内 一揚

略歴

昭和46年7月18日生まれ(蟹座)
平成2年3月 大阪星光学院高等学校卒業
平成2年4月 神戸大学医学部入学
平成8年3月 同卒業(医師免許取得)
平成8年5月 大阪大学医学部付属病院眼科学教室入局(眼科研修医)
平成9年7月 大阪労災病院眼科(硝子体手術の勉強)
平成10年10月 松山赤十字病院眼科(緑内障の勉強)
平成12年10月 大阪鉄道病院眼科医長(眼科専門医取得)
平成15年4月 大阪大学医学部大学院 感覚機能形成学入学(人工網膜の研究)
平成19年3月 同卒業(医学博士取得)
平成19年5月 大阪警察病院 眼科副部長(形成外科の勉強、形成外科学会員)
平成20年10月 聖隷浜松病院眼形成眼窩外科(眼窩骨折、眼窩腫瘍手術の勉強)
平成21年5月 シンガポールナショナルアイセンター留学(眼形成手術の勉強)
平成21年11月 兵庫医大眼科助教(眼形成外来開始)
平成28年4月 兵庫医大 非常勤講師

資格

眼科専門医、 眼科指導医、 医学博士

所属学会

日本眼科学会、日本眼科医会、日本形成外科学会

業績

大阪大学大学院では、研究者として、多くの論文を残しました。
兵庫医大に在籍してからは、多くの教科書を共同執筆させていただきました。
現在は「阪神眼形成カンファレンス」を主催しており、兵庫医大、大阪医大、阪大の持ち回りで4か月に一度、開催しています。

≫ 詳しい業績はこちら

趣味

4人の子持ちで、家事が趣味になっています。ときにはゆっくり映画鑑賞したいです。
神戸大学時代は、全学の探検部に所属していました。変わったもの、珍しいものが大好きです。
大阪星光学院時代には弓道部と文芸部に所属しておりました。現在もエッセイ執筆をして、眼科医報などに投稿しています。
(作品はコラムでも紹介しますので、お楽しみに)

 

井上 晃一
眼科専門医:井上 晃一井上晃一

略歴

昭和38年 神戸医大卒業
昭和43年 神戸大学医学部大学院修了
昭和45年 県立加古川市民病院 眼科医長
昭和48年 甲南病院眼科部長
昭和58年 井上眼科を開院
眼科専門医:日山英子
眼科専門医:日山英子日山英子

略歴

昭和49年 金沢大学医学部卒業
昭和49年 大阪大学医学部付属病院 眼科入局
昭和51年 大阪厚生年金病院眼科 勤務
昭和58年 ニューヨークメディカルスクール フェロー
昭和60年 西宮中央病院眼科 勤務
平成18年 西宮中央病院眼科 非常勤医師

医師紹介

  • 初診受付サービス
  • 合格コンタクト

お知らせ

コラム一覧を見る

院長コラム

2018-07-22

芦屋花火大会
 7月21日(土)に、芦屋花火大会が開かれました。毎年、楽しみにしている花火大会

2018-05-13

あしや山まつり
本日は、第55回あしや山まつりの開催日でしたが、あいにくの雨で中止となりました。

2018-04-08

芦屋さくらまつり
 4月7日、8日に芦屋さくら祭りがありました。数年前にも春の嵐で、中止になった記

コラム一覧を見る

ページの先頭へ戻る