阪急西宮北口 北側出口から徒歩1分の眼科 中内眼科クリニックは、土曜日の午後も診療しています。

中内眼科クリニック

お問い合わせ TEL:0798-65-5708

自費診療

IPL(ドライアイ治療)

あなたのドライアイはどのタイプ?

涙は99%の水(液層)と1%の脂から成り立っています。ドライアイには「水が足りないタイプ」「脂が足りないタイプ」の二つに大きく分かれます。最近の研究で、「脂が足りないタイプ」のドライアイが多数派であることが分かってきました。

マイボーム腺機能不全(MGD)は、点眼薬で改善しにくい、このタイプのドライアイを引き起こします。IPL治療は、マイボーム腺機能の改善が目的ですので、術前の診察で、あなたの目のドライアイのタイプと、MGDの有無について確認します。

目の解剖と涙の構造

まぶたの内側には、マイボーム腺という器官があり、涙の油分を分泌しています。このマイボーム腺の出口が、細菌感染、ホルモンバランスの崩れなどによって詰まり、様々な病気を引き起こします。これを、マイボーム腺機能不全MGD(Meibomian Grand Dysfunction)と言います。

マイボーム腺機能不全(MGD)とは

自覚症状

目の不快感、異物感、乾燥感、圧迫感

マイボーム腺開口部異常所見

(1)血管拡張(2)粘膜皮膚移行部の前方または後方移動(3)眼瞼縁不整

(1)~(3)のうち1項目以上あるものを陽性とする。

マイボーム腺開口部閉塞所見

(1)マイボーム腺開口部閉塞所見
(2)拇指による眼瞼の中程度圧迫でマイボーム腺から油脂の圧出が低下している。

(1)、(2)の両方を満たすものを陽性とする。

マイボーム腺関連疾患

眼瞼縁炎
めばちこ(霰粒腫、麦粒腫)

これらの疾患も、IPL治療で改善する可能性があります。

Lumenis (M22)によるIPL治療

ルミナス社のIPL(Intense Pulsed Light)という特殊光を、まぶたにフラッシュし、マイボーム腺周囲の血行や組織自体に作用して、機能を活性化させます。

プローブの先端に、サファイヤガラスがついており、照射部が冷却されるため、痛みが少ない治療を行えます。

施術の様子

アイシールドは必ず装着します。1回に両眼で8~10発照射します。3~4回当てることで、効果が得られることが多いです。
一回の施術後、6-8週間は開けて施行します。通常は特に痛みを感じませんが、肌色の濃い人、産毛が濃い人は若干の痛みが出ることがあります。(ゴムで弾かれた程度)術後に赤味が出ることがありますが、数時間で改善します。

フィルターと深達度(適応)

施術の流れ

予約

お電話にてご予約ください。(TEL:0798-65-5708)

初回診察

IPL問診→施術内容説明→承諾書

施術前の準備
  • 当日までに、できるだけ顔そりをしておいて下さい。(難しければ、当院のシェーバーできれいにします)
  • 当日は化粧をしないでお越し下さい。コンタクトレンズは施術前に外してください

IPL治療(当日)

IPL照射自体は10分程度です。全部で1時間程度かかります。

当日の流れ
  • 眼球保護のため、麻酔の目薬をした後に、専用のアイシールドを入れます。
  • 専用のジェルを塗ります。
  • 一回の照射時間(10分程度)、両眼で8-10発です。やや痛みを感じることがあります。
  • ジェルを拭きとります。
  • IPL照射後は、赤味の確認後、すぐにお化粧をしていただけます。

治療後

再診、投薬などをおこないます。

治療後の注意
  • 細心の注意を払って照射しますが、まつ毛の本数が減る可能性があります。
  • 治療後、皮膚が赤味を帯びますが、通常2-3時間で戻ります。(赤味がひどい場合は、お薬を出します)
  • 通常シミは薄くなりますが、まれに濃くなる人がいます。
  • 治療後、約2週間は日焼け厳禁です。日焼け止めをお使いください。(SPF30以上)
自費診療

ページの先頭へ戻る