阪急西宮北口 北側出口から徒歩1分の眼科 中内眼科クリニックは、土曜日の午後も診療しています。

中内眼科クリニック

お問い合わせ TEL:0798-65-5708

よくある質問

よくある質問

痛くないですか?
局所麻酔を打つ時は多少痛みますが、細い針(30G)で打ちますので、我慢できる程度だと思います。出血の多い方は麻酔が流れてしまいますので、手術時間が長くなると痛みが出ることがあります。おっしゃっていただくと、随時追加します。広範囲のイボ取りなどの場合は、事前に麻酔テープを貼らせていただきます。
出血はしませんか?
出血の多少が手術の結果に最も影響します。出血が少ないと上手くいきます。抗血栓剤を飲んでいる方は、約1週間前から中止していただきます。どうしても中止できない場合は、ご相談に乗りますが手術が出来ないこともあります。基本的には手術は、電気メスで切開し、バイポーラで止血しながら進めていきます。
パンダみたいになりませんか?
局手術終了時にはきっちりと止血できていても、翌朝までにはジワジワと出血して眼の周りがパンダみたいになることがあります。これは不可抗力ですので、ご了承願います。ただし、皮下出血は必ず引きますので、ご安心ください。目立つので、人前に出られない時期をダウンタイムと言います。通常、ダウンタイムは約1週間です。
キズは目立ちませんか?
上眼瞼は二重瞼ラインで切開することが多いです。傷痕がきれいに治るように縫うことが眼形成医の腕の見せ所と考えておりますので、できるだけ丁寧に手術させていただきます。 ただし、どんなに見ても分からない傷痕などはありません。切開線には必ず(かすかではあっても)跡が残ります。
手術をしたことは目立ちませんか?(バレませんか?)
一重瞼の方は二重になると印象が変わります。下眼瞼の手術はそれほど印象は変わりませんが、上眼瞼の変化は細かい変化でも気づかれることが多いようです。(私たちの脳が、眼の変化には敏感に作られている)皮膚下垂を手術すると、大概の人は若返ります。こわもての男性の方で、術後に可愛らしくなってしまうことがありますが、ご了承ください。
抜糸は痛いですか?
通常、まぶたの皮膚は7-0ナイロンというまつ毛くらいの細い糸で縫います。半数の方では抜糸時に痛みを感じませんが、たまに強い痛みの出る方がいます。(神経再生のスピードによると思われる)抜糸が不可能と思われる時には、溶解性の糸で縫うこともありますが、通常ナイロンよりも炎症が強くでます。

よくある質問

  • 初診受付サービス
  • 合格コンタクト

お知らせ

コラム一覧を見る

院長コラム

2019-09-17

家の周りの残念な生き物(植物編)
 最近、本屋さんに行くと、「残念な生き物」や「訳あって絶滅しました」などの児童書

2019-09-16

六甲山越え有馬行(芦屋川ルート)後編
 超高速、参勤交代とかいう映画があったけど、山行(さんこう)に早さは必要ないと思

2019-09-15

六甲山越え有馬行(芦屋川ルート)前編
 今週から秋の連休が始まりますね。月曜日の休みが多すぎて、経済が停滞する原因にな

コラム一覧を見る

ページの先頭へ戻る